2004年10月05日

サンフ0−0鹿島

 前日の記録は、泥酔の勢いで書いたせいでとんでもなく適当な内容であったので若干の校正を加えておいた。本当、恥ずかしい。
 さて、鹿島戦は例のバスツアーで参戦。前日の酒の影響かとてつもなくテンションが低く、後ろの宴会席とは対象的な自分だったが、さすがにスタジアムについたところで高揚してくる。
 しかし、横殴りの雨、雨。昨年の平塚ほど寒くないのでまだよかったが、また傘の骨を曲げてしまう程の風が、特に1階席最上部では吹き荒れていた。
 鹿島は初参戦。確かW杯の開催条件はスタジアムの2/3屋根架けだったと記憶しており、なんとか雨もしのげる場所があるだろうとタカを括っていたのだが、やられた。どうみても3〜4割の座席しか覆われていない。自分のアウェイサポーター券エリアである1Fゴール裏の屋根下座席はたったの2列!勿論横殴りの雨で無意味だ。なんというか、制約条件下での増築ではこれが限界なのかと思わせる箱だ。
 珍しく声出しエリアで応援。ここのスタジアムはさすがによくみえる。試合の内容詳細は各方面にあるので割愛するが、よくDFは我慢したと思う。またリカルドがヤバイことしてる!とかまれに頭にくることもあったが、総じて満足感の得られる引き分けだった。今までみた引き分け試合の中では最上の部類かもしれない。と、靴下を雑巾のように絞りながら振り返る。ああ、臭い。それにしても、他チーム含めだが、総じて歌の音域が高過ぎるのが辛い。殆どの曲が日本人の2割程度しか楽に出せない音域である。

 ユースの準々決勝の方は大爆勝だったようで、観に行かれた方は羨ましいぞ。というよりは2日連続悪天候の中本当にお疲れ様。

 さて、御大がこのようなコラムを掲載されていらっしゃるのだが、こいつは冗談ですから気にされないで下さいね。楽しみにしてますよ〜!


posted by matsu at 01:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。