2004年10月03日

サンフユース3−2東海大五(泥酔時記入)

 試合が終了し、所用の為に家路に急ごうとしていたところ、本日行われた高円宮杯の埼スタのサブグランドのもう一面で開催されていた、関東大学リーグ2部の試合が目に映った。幸いグランドにはピッチの選手のメンバー表が大きく表示されていたので確認してみると、試合は法政−東学大のようだ。法政といえば...しかしながら、彼の名前はない。やや気を落としながらメイン側を素通りして帰路を進もうとすると、交替に備えアップのピッチを上げる控え選手の姿が数人見える。そこには、かつて昇格すら期待された田森選手の黙々と準備する姿が。かつて在籍し、研鑚を重ねたチームが輝く傍らで、スタメンにも起用されない彼の姿に若干の悲哀−−勿論我が思い入れによる誇大表現であるのだが−−を感じずにはいられなかった。あまりに印象的なシーンであった為に、ここでそのワンシーンを報告する。

 さて、試合は下記の布陣。
−−−−前田−−−−−
−富成−保手濱−桑田−
−−柏木−−遊佐−−−
大屋−藤井−槙野−森脇

 特徴としては、保手濱のトップ下と、遊佐のボランチ起用、平繁のベンチといったところだろう。ふぇりくす氏が行間に期待を込めていた保手濱の起用、同じくふぇりくす氏の文章に頻繁に出てくる遊佐である。特に遊佐は、田森(現法政)→前田(現立命)と続いたクレバーなボランチの系譜を継承するのではないかと期待させる存在だ。
 試合は開始直後に前田の素敵なPA侵入ドリブルから、保手濱への最高級のラストパスをふかしてしまうシーンが開始直後に起こる。この後も、GKと1対1を外すシーンがあり、非常に嫌なムードとなる。しかし前半20分までは、1対1でのDFでにおけるボール奪取の異様な成功率の高さによるポゼッションサッカーを継続し、崩せるのは時間の問題かと思わせるものの、2つのビッグチャンスを外した以降は、まるで先日の国体の試合のように硬直する。昨年の同大会での東福岡をたたきのめしたシーンが鮮烈に残っていた為、スタンドからも失望の声が多い。トップチーム同様、ギアチェンジの出来るスピード系がいないことが、昨年の西山・田坂コンビでDFラインを八つ裂きにしていたチームとの違いを匂わせる。下馬評を聞き付けていた観客席のサンフサポ達も段々とまったりしていく。逆に自陣PA前でのルーレット失敗による大ピンチ招聘等、森山戦略の不消化ばかりが目立つ。とはいえ、引き分けOKの試合からもたらせる停滞なのかもしれない。
 後半4分、遊佐がドリブルで倒され、ようやくスタンドも一息つく。俊介が真ん中目にしっかり決めて先制。しかしこの後は長いボールが増え、支配率は確実にひっくり返る。あまりよい出来ではなかった富成から木原に代わるも、彼のスピードを生かすプレーが出て来ない。いやな予感で沈んでいると、なんと同点においつかれる。この後、俊介の振り向様即シュートで2−1と放すものの、その直後に失点。重苦しい気分になる。すわ逆転かというひやひやのシーンもあり、にわかにスタンドはざわめき立つ。
 しかし最後は裏狙いのラストパスが途中交替の平繁から木原へ。国体の苦味をここで繰り返すな。と、思いきや、
 
  G K に は じ か れ る ...

 ところが、この失敗シュートが彼の位置に戻ってきたのだ。振りぬいたシュートは敵の最後の望みを切断した。

 で、ちょっと微妙な感想の試合は置いておいて、トップ昇格の行方が気になる。桑田・森脇といったところに輝きが感じられなかったのは気になるところだ。



posted by matsu at 01:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。