2005年09月16日

ガンバ戦など

 今のJ、各チームの戦力は、欧州の各リーグと比較しても、偏差が極めて少ないといえるだろう。まあ、日本人は訓練を受ければミスをあまりしない性向だからなのかな。ミスする選手しか使えなかった10年前と比べると、低年齢からの積み上げレベルが全く違うわけだから、こういう「ある意味質の高い」リーグとなっているのだろう。だから、前半からサンドバッグのような試合はあまり観ることはない。
 しかし、その一方的猛攻を受けてしまった試合が、ガンバ戦。予想外の2−0から、1点返された時点で、こりゃきっついのぉ、と不安に駆られた訳だが、予想以上だった。さんざんからかわれた挙句の4点目のシーンでは、久々に悔しさで涙腺が緩んでしまった程に。
 尤も、数ヶ月前ある人に、今のJで強いのどこ?と聞かれた際、そうだな、あえて挙げればガンバかな、あれは嵌まるとシャレにならん、と答えたこともあり、主導権を握られるとやばい、耐えてあきらめさせろ、と思っていただけに、未だに納得のいかない、時はすでに金曜日。
 川崎戦もそうだったが、失点シーン、小村の伸ばした足先をかすめるシーンがやたらと多いことが気になるのは僕だけだろうか。あまり、そのことに言及している人がいないのだが、実際、凄く気になっている。トータルで彼が若者の追随を許さないことはわかるが、彼がほぼフルタイムで出るような底上げの少なさが今の苦しい守りに影響はしていないか。36歳のベテラン、あまり経験のない通年ステージで、体力的に、あと数センチ、数十センチ足りない動きの質になっていることはないか。
 小野さんも、通年ステージの難しさに悩んでいるかもしれない。いくら惚れ惚れさせてくれるジニーニョの素敵な守備も、あくまで連動が前提だ。ここはやはり、若い奴等、今こそチャンスと目を血走らせて貰いたい。もうちょっと、夢、みさせてよ。

 さて、話変わって。毎年取り上げているユースだが、今年はまだ試合を観戦することができず、また過去2年の圧倒的戦力が夢の跡、のような結果にやきもきしている。でも、チームにとっても、森山さんにとっても、これは貴重な経験になるだろうし、してもらわないと。このままでは悔しすぎるだろう。選手よ、君らは、凄過ぎる君らに夢を託した同世代の人達の為にも、最後までトップに上がる希望を捨てずに行って欲しい。今は、それだけだ。





posted by matsu at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

観音&広島ユースが揃って準々決勝へ!!(サッカー全日本ユース)
Excerpt: 大変お待たせ致しました。(誰も待ってないよ!!!) ★★高円宮杯第16回全日本ユース(U??18)サッカー選手権大会★★ *決勝トーナメント第一戦が30日、行われました。結果は広島関係のみ..
Weblog: ★SAYOCHON日記&写真アルバム★
Tracked: 2005-10-03 08:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。