2004年09月28日

おお、勝ってるよ

 どうでもいいが、J2時代はほぼ生放送だったのに、なんでJ1に上がってから録画ばっかりなのじゃ。スカパーさんよ〜(松村雄基風に)。でも明日は楽しみだな。
 大木さんのゴールを考察しよう。手前の話だが、小学校時代の、テニスボールを使用した放課後の野球の思い出。僕はサードを守っていた。全く打球が来ず、所在なげに地面を見つめながらぼうっと物思いに耽っていたのだった。ふと顔を上げる。誰かが僕にボールを投げたようだ。勢いのあるボールをなにげなくキャッチすると、仲間達から沸き上がる歓声。どうやら、子供的には火の出るような痛烈なライナーと感じられたそれを、オシャレにキャッチしたと思われたようだ。ちょっと恥かしく思いながら、当然さ、と言わんばかりの表情を出したそのときのことが思い起された。きっと、大木さんのシュートも、相手DFに当たった茂木のシュートが突然目の前に現われたため、無意識に打ったに違いない。事実、それらしきコメントが出ているようだ。無心ってそんなもんさ。

 さて、某所からおいしくいただいた高円宮杯の前田さんシュートだが、矢部にも受けるとは相変わらず計算高い若者だ。写真写りも狙っているにちがいない。さて、どの写真でしょうね。


posted by matsu at 01:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。