2004年09月12日

国体少年の部 広島2−3埼玉

 眠い目をこすりながら埼スタへ向かった理由は、昨年の暮れに観た、ピッチ上に存在する「異質なもの」を再確認したいと思ったからであった。それぞれのチームがテーマをベースにボールを動かすとき、ピッチ上の選手の動きがオートマチックになるほど、均一化していくのだと思う。それが成熟すればする程、異質な存在が視界の中で気になってくるのである。

 さて、広島のフォーメーションは、下記の通り「ほぼ広島ユース」。細かいことはふぇりくす・めんでるすぞーん君の所で確認したまえ。

−−富成−藤本−−木原−−←ここら辺、位置は流動的
−−−−−桑田−−−−−−
−−−柏木−−松水−−−−
大屋−藤井−−槙野−森脇−
−−−−−佐藤−−−−−−

 あちゃ、異質ボーイ、いない。昨日は後半からだっつうからスタメン間違いなしという読みが外れ幸先悪い。
 相手の埼玉は開催県だけあって、埼スタ第2グランドのスタンドは人で埋め尽くされていた。1〜2千人は入っているだろうか、ややまったりアウェイモードといった風情である。


 さて、前後半35分ずつの短縮形式であるこの試合の前半は、残念ながらあまりみるべきシーンはなかった。昨年の強烈なポゼッションサッカーは、前線でボールが収まらないこともあって、影を潜める。監督が高体連の人物であり、2名の高体連が混ざっていることも小さな理由かと思うが、前半は桑田が時折おおっと思わせるドリブルを垣間見せた程度で、逆に左サイドの大屋の軽率なプレーがひどく目立ち、そこから際どいピンチを招くなど、左に不安を覚える。30分には木原が惜しいシュートを外す位の決定機の少なさで、なんかぴりっとしないまま前半が終了。0−0。立ち見には辛い。
 そして、後半試合の雰囲気は急転する。
 まず、開始早々桑田が素敵なドリブルで敵陣を裂き、攻撃の狼煙を上げたかのようにみえた。そして、中盤からのやや長めのハイパント気味のボールをラインをうまく突破した富成が背後のDFをうまくかわしてGKと1対1、GKの動きをうまく読んだ軽いシュートがゆっくりとゴールに吸い込まれる。1−0。昨年のユースは、ここからズタズタにしていく試合が何度あったか。その再来を期待する自分は、立ち見が辛い。
 ところが、このあとDFのクリアミスが、相手FWにナイスプレゼント、豪快にぶち込まれる(1−1)。そこから気持ちを切り替えて攻めを続けるのだが、左サイドからのゴール前へグラウンダーで供給された「当てれば入る」クロスを、藤本が外してケチがつきはじめる。DFは連携ミスを再三起し雰囲気がよくない。さらには木原がうまくパスを受け、ラインを抜け出すが、GK1対1で、なんとチョロミスキック。これは痛かった。。直後に、松水のDFミス(競り負け)から相手に前を向かれると、なぜかだれもいない広大なスペースを走られ、クロスをあっさり決められ1−2。藤本に代わり岸本が入るが、悪い流れは変わらず、嫌な位置でFKを与えた挙句、フリーで大山にビューティフルなヘディングシュートを決められ1−3、終わったな。立ち見が辛い。
 もうだめや、早く座りたいよ、と思い始めた頃、「今日の観戦動機その1」皆実の森重が投入される。先の高校選手権ではピッチ上の22人の中で、1人独特のゆったりした不思議なリズムを持ち、中盤からゆるゆると(あくまでイメージ)相手DFをかわして惜しいシュートを放ったシーンは今でも脳裏に焼き付いている。で、彼、富成とチェンジ。ああ、FW起用か、タテポンかいな。
 ところが、森重の前線はタメを作ることができ、攻撃が活性化する。森脇は頻繁にそれを利用してPA内目指して突進している。パスが前で繋がるようになり、ついには柏木がパスをオフサイドぎりぎりで受け、1点差となるゴールを決める(2−3)。あと2〜3分かな。
 さらに攻撃は続き、惜しいシーンに多くの埼玉を応援する観客は動揺気味にもみえる。そして、再び中盤のパス交換から森繁→木原と渡った!木原(実は今日の観戦動機その2)、噂に聞いていたスピードでGKと1対1。決めてくれ!
 ...シュートはGKにぶち当たって大きく跳ね返る。と、同時にホイッスル...1人、1人と倒れて行く。木原は最後まで起き上がることはできなかった。彼にとっては痛恨の試合となってしまった。
 高柳・前田がいないとはいえ、昨年のチームと比べるとちょっと厳しいなあと思いつつ、最後の粘りは驚嘆ものであったわけで、特に木原選手にはこの屈辱をきっと来る次の大きな機会に挽回できるよう、陰ながら応援したいと思ったのだった。
 最後に、森重をラスト10分に起用する采配の理由には疑問が残った。怪我なのか?彼のようなボランチはバランスが取れないから?ちょっと腑に落ちないまま、スタジアムを後にする。でも、ちょっとの時間だったが観られてよかったと思うことにしよう。
----------------
 これを書く直前、情報シャットアウトでトップの試合を観たが、コメントに値しない試合。リカルドの最終ラインのこねくり回し等のつまらないプレーに何度も殺意を感じたことだけは確かだ。赤紙?まあ、あんなど真ん中で抜かれて言い訳は出来ないでしょう。まじ、怒りが収まらない。今日は最低な1日だ。


posted by matsu at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。