2005年04月14日

懐かしき勝利の美味!

 現場で勝利を見たのは何時以来なんだ。
何人かの人と握手をしているうちに、日常生活で堆積されていた何かは全て吹っ飛んだ!
 さて、今日の勝利、4−1という結果は、数字だけみれば楽勝のようにみえるだろうが、そうではない。確かに今年ブラウン管を通してみてきた時間限定の攻勢は序盤から見られたものの、例によってガウボンの信じられない決定機損失など、スーツの上からマフラーを巻き付けて絶叫しながら応援する自らの醜態はさらに輪をかけて周囲の目をさらに冷たいものにしていただろう。さらには、期待に期待をかけた前田俊介までもが、1対1をはずしてしまうという、恐ろしき決定機損失症候群..しかし、これを打破したのは、その、我々の原石、前田俊介だった。前述のミスを帳消しにする、直後のCKをドンピシャヘッド!彼の特徴からすると意外な形のゴールだが、それも彼の嗅覚の成せた技なのかもしれない。
 この得点は、集団に勇気を与えたのだろうか。アウェイであることを感じさせない、相手陣での奮闘の連続。後半開始は、「1試合に1度かならず観ることのできる、前田俊介のDFを引き摺りながらPA侵入劇」で始まる。その後の攻勢の中、「俺たちの」カズ、森崎和幸の「左足」ゴール。あまりに綺麗に決まったので、現場では「DFに当たったんだろう」と推測していたのだが、TVで再確認したところ、そんなことはない、実に美しいミドルだった。ごめん、カズ。
 そのカズの「MIP」プレイが炸裂する。中盤やや敵陣より、相手の斜め前のパスを、まさに「読み勝ち」ともいうべき彼の猛ダッシュによるパスカット。普通はそれだけでも、「グッジョブ」と叫ぶ程のプレイなのだが、そのまま彼はドリブルで突進する。泡を食った1969の選手達、懸命に止めようとするも、もう遅いよ、とばかりフリーのガウボンへ。ここで受けたガウ、もたつく。厳しい!しかし、粘るガウ、1発フェイントを入れるとファーぎりぎりへシュート!

 スタンドに、ぽつぽつと散見される紫色だけが、幸せの絶頂に揺れる。待っていたJ初ゴール。

 この後、前俊のFKを再びカズが決め、シミュレーションで林健太郎が2枚目の黄紙をうけてピッチから姿を消した時点で、試合の大勢は確定したのだった。
 
 さて、完勝!といいたいところだが、課題は多い。今日の試合、DFをあざ笑うような決定機は、実は10回位はあったのだ。川崎Fの6−1を上回ってもいい試合内容だったのだ。それを決め切れない病的なまでのテンパイモードは、決して解消されていない。それでもこれだけのスコアになったのは、個、つまり初先発の若者によって成されたように思う。彼は今後、さらなる研究対象となり、苦しむだろう。そんなとき、彼らの研究対象のセカンダリーとなった連中の、「冷静なる」仕事を期待してやまない、なんて、今日は一昨年の大宮戦以来のステキな東京ナイトだぜ。はん!
 ああ、いい酒だった。これだから、やめられないんだ。
 酔って文章を練ることはやめようと日頃誓っているのだが、今日は許したまえ。




posted by matsu at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。