2004年11月14日

サンフ0−1横浜FC

 紀宮妃ご成婚に対し、島崎和歌子はどうコメントするのよ、ええ?とどうでもいいことを考えつつ無気力に打ち込む日曜日の侘しい夜。
 三ツ沢球技場、1年半ぶりに到着。ゴール裏に「祈・関東初勝利」の横断幕が。ぐほっ、もう11月でっせ。今日はバックスタンドでまったりと観戦と決め込む。先発、前田はいいとして、中山元気でいいのかよ、とつぶやく。
 試合が始まるやいなや、リスク等お構いなしに横浜FCが攻めまくる。おやおや。右サイド3番臼井、3番という背番号とは思えないやったら高い位置にプレーゾーンを起き、切り替えし放題。しかし、横浜はフィニッシュの精度がお粗末極まりなく、ふふ〜ん、って感じ。ふふ〜ん。この擬音語が後できついしっぺ返しを食らうことになるのだが...
 だいたいサッカーにおいて余程実力に差がなければそういったパワープレーは10分程度で終わることが多いように、試合は少しずつ均衡モードに。しかし問題は前線にあり。ここのところ素晴らしいプレーを続ける森崎和幸はややトップ下気味で相変わらずクレバーなプレーを披露しているのだが、どうにも前線に出しどころがなくお困りの模様。その頃から、スタンドの観戦仲間とは、中山のプレーを数値化するとどうなんだろうねえ、とタッチする度分析するあたりは天皇杯的観戦方法であったが、だんだん腹が立ち始めたのですぐ放棄。とにかく止めることに関しては技術以前、ダイレクトプレーは粗い精度、だんだん信用を失ってしまったのか、前田めがけて放り込むなどという、呆れるような低確率プレーの選択まで散見するようになる。さて、Jレベルでは初先発の俊介だが、やはり粗い部分は否めないものの、足元にフリーで受けたときは、心の照明が一瞬にして点灯する高揚感をもたらす動きをみせる。前半半ばには、その足元受けから何度かトライして跳ね返されていたDFとの勝負、ひらりと鋭角に切り返し1対1〜〜〜〜!入れたら卒倒するよ、それ!でも入れてくれ..
 願いは虚しく、手先でボールに触ったGK菅野のナイスプレーでボールは枠外。嗚呼。
 そんな気落ちをよそに、再びペナ外5〜10mあたりでまたもやフリーで受ける。どうすんの?どうすんの?え、打つの?ペナ外から、GKが放置したように見えたその弾道は、GKも予想しなかった軌道だったのか、あきらめただけだったのか、バーを叩き斜め下(外)へ。この2プレイで点を取ることができなかった俊介、この後少しずつピッチに埋没して行く。
 さて、前半にはシュートのこぼれをカズが胸トラップして楽にゴールに流し込む。しかしこのプレーに対し、主審はハンドを取るとともにふざけた黄紙をプレゼント。これはこの試合を難しくするに値する納得のいかない判定であった。

 後半、リ・ハンジェを下げ、森崎浩司投入。はあ、中山先生は続投ですか。その後もスタンドの肩を1プレー毎に1センチずつ落す可能性のないプレー(フリーなのに下田のフィードからぶり2〜3発とか、ありえな〜い、波田陽区風ざ〜んね〜んT_T)で、だんだん苛立ってくる。森崎浩司を入れて点を取りにいくのかと思いきや、浩司ボランチでベット1枚前。それならハンジェを下げる理由は?ボランチは、質タイプと量タイプの組み合わせの方がいいんじゃないのかなあ、後3枚はリスク張らないしな。このことも後半の停滞・呆れ加減のサポからの「復活(怒)動けコール」を叫ばせることになった原因ではなかろうか。
 後半30分。チァゴ(←注:三ツ沢ボード表記通り)登場。耽け行く秋の夜〜恋しや〜ふるさと〜な〜つかしい父母〜、なんてBGMが脳内に流れる。さてそのチアゴ(戻してあげる)だが、やっぱり相対的な比較でポストとして収まりそうな雰囲気を漂わせる。これで延長になってもなんとかなるかな。相手の攻撃は、一時際どいシーンを作って慌てさせたものの、徐々に花火大会の様相となり、こりゃ点なんて入らんだろう、という場の空気だったのだ。ところが、横浜が前線へ送ったボールを、下手なクリアでCKにしてしまったことが、敗因となる。CK→ニアからヘディングの教科書プレイが炸裂。 あと、5分だ..

 この後、ラッキーっぽいボールでチアゴが抜け出すが、シュートを迷ったのか、蹴ったときにはDFの足が間に合ってしまい、万事休す。

 ひどい。別に観れない内容ではないし、俊介トリックはそれだけで1500円の観戦代の価値はあったかもしれない。俊介・和・ベットは素晴らしかったと思う。それだけだ。両サイドは、完全になにかが狂っているかのようだった。スタンドは、かつてなく荒れた。いろんなものが失われたのか?忘れただけなのか?そうであれば、思い出して欲しい。

 今シーズン、関東未勝利のまま終わるのか?浦和戦に奇跡はあるのか?

 最後に、昔聴いたコンサル会社出身の人の講演を。あるコンサルがとあるスーパーを担当していたのだが、どうにも売上が上向かない、しかしコンサルが色々調べても、施策的には問題なく、どうにも打開策がない。そこでコンサルはトップに言ったという。朝、目線を上げて一人ひとりと挨拶をしなさい。これを続けることにより、成績は一転上昇に向かったという。まあ、よくある基本的な話だが、この基本を大事にして、盛り上げてほしい。できないのなら、トップは代わったほうがいいだろう。


posted by matsu at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。