2006年08月29日

鹿島戦

 最終ラインで、相手の前線をおちょくるようにひらひらと左右にかわす森崎和幸をみて、不思議な懐かしみを抱くとともに、彼は見失いかけていた居場所を見出しつつあるのではないかと思わせてくれた、鹿島との試合。
 このところ気持ち悪いくらい関東の試合では結果を出すサンフだが、大宮戦の、勝って尚何日も虚脱感に心を占領され続けたあの試合と、FC東京戦・鹿島戦の堂々たる二戦との違い。ジェットコースターのように目まぐるしく変わる結果。頭は混乱しているが、気持ちは不思議と前向きだ。今のメンツが主導権を握ったときの高揚感がそうさせるのだろう。そこにあるのはしっかりとした技術だ。技術を持った奴らが、動いている。それにしても接触を厭わないような鬼プレスをしてこない相手には「サンフ、えらそ〜」と言いたくなるような、態度でかいぞ的余裕の玉回し。気持ちいい。うっとり。
 先の余裕の玉回しについては、ワイパー専門ボランチがいたり、ばか蹴り専門CBがいると成り立たないだろう。桑原さんは元気だろうか。ずっとサンフをみてきている者は皆そうであったと思うのだが、バックラインでDFが近場で追い込んで来るところでパス回しされるだけで心拍数180位まで上がってしまうようなハラハラ感。それが、少しずつ薄らいで来ているのだから不思議だ。正直小村に帰る場所は残されていないのかもしれない。例えば負けたり引き分けたりしても、お金が勿体無いと感じさせないことが興行における重要な要素なのだろうが、そういうシーンは小野時代とは比較にならない程増加している。
 しかし、自分の心拍数はまだ平常には戻っていない。地元で勝て。地元で最低5勝しろ。安心してフットボールを楽しませてくれ!ハンジェは横パスに細心の注意を!そして、バックスタンドで1/10程度の清水サポの声の方が音量が大きいという悲しい現実では(8/12、センターサークル延長線上で実際に耳にしてしまったこの事実は衝撃だった)、選手に勇気を与えることはできない。知恵を絞って声援を糧にして欲しい。
 そうそう。先日発売の紫熊倶楽部には、あの噂の黒幕、噂の「上層部」が遂に表舞台に登場。それ程迄にネタ的にも切羽詰まっていたチーム状況だったのだ!絶妙のタイミングでの登場だったといえよう。背後の妙な中肉のボディガード風情のグラサン男も恐らく計算ずくの演出だったのだろう。悔しいが、ツボに来た。

 冬眠から目が覚めた晩夏 関東某所より更新


posted by matsu at 01:30| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。